人生はいつも失敗と立ち上がりの連続です。やり直すことは全く恐れずに行きましょう

ヘアスタイルの多様化は、和装の場合にも反映

ヘアスタイルはTPOを考える必要があります。
若い世代を中心として、いろいろなヘアスタイルが流行していますが、多少、遊び心がある「みだれ髪」のようなものでも、若さでカバーできるのかもしれません。
でも、仕事中には明らかにNGとされるものもあるため、そこは意識しておきたいですね。

たとえば、サイドの髪を少しだけ残して、後ろで束ねる方法ですが、プライベートではともかく、その部分だけが目立ってしまいます。
また、飲食業の現場で仕事をする場合、スカーフや帽子から髪の毛がはみ出しているのもNGですね。

なかには、ユニフォームのひとつとして、帽子を被ることもありますが、やはり、被る以上は機能面も重視してほしいものです。

ヘアスタイルの多様化は、和装の場合にも反映されているようです。
いまの時代、和装になる機会といえば「成人式」くらいだと思いますが、いろいろなヘアアレンジがあり、しかも、振袖とマッチしているのにも驚きです。

ロングヘアーの場合、後ろで「おだんご」にするのが定番の時代もありましたが、いろいろな楽しみ方ができるのですね。

最新投稿

  • ヘアスタイルの多様化は、和装の場合にも反映

    ヘアスタイルはTPOを考える必要があります。 若い世代を中心として、いろいろなヘアスタイルが流行していますが、多少、遊び心がある「みだれ髪」のようなものでも、若さでカバーできるのかもしれません。 でも、仕事中には明らかに …